たかちゃん、「インディアンの言葉」を読む。


インディアン

の言葉を読む

こと。

インディアン

の言語観

ふたつの心 秘密の場所 狐のスリック

白カシと木こ

インディアン

の教育

グレート・ス

ピリッツ

紡木たくの

「木」

自然への配慮
贈与とタバコ

「分かち合う

こと」

沈黙・感覚・

言語(1)

沈黙・感覚・

言語(2)

沈黙・感覚・

言語(3)

土地・所有・

自然に身を置

くこと

ジェロニモの

自然感応力

インディアン

と自閉症

首長とシャー

マン

教師と資格

バッファロー

と輪郭線

リンカーン 祖母との対話 あいさつ

大地の声を聞

胎教 最初の躾け 沈黙の言語

兄弟姉妹とい

う概念

インディアン

の死生観

ペテンとして

の英語

言葉にしない

約束

人生のビーズ

自然の物語・

沈黙の物語

沈黙の言語と

宮沢賢治

苦痛に耐える

方法

「天狼星」

(1)

リトル・トリ

ーの帰還

「天狼星」

(2)

「秋」の訪れ

「見事な死」

の迎え方

ポトラッチの

はじまりとし

ての言葉

とうもろこし

おばあさん

(1)

とうもろこし

おばあさん

(2)

とうもろこし

おばあさん

(3)

とうもろこし

おばあさん

(4)

コヨーテの大

偉業

ケマパセ

熊神と白ぎつ

パパラギ 胎内の子

アイヌの「国

つくり」

「種まき」

コヨーテじい

さんの天地創

中島みゆき

コヨーテじい

さんの天地創

造(2)

「頭から心ま

で」

「毎日起こっ

ている」

「その人に言

葉をつける」

地震のとき ウサギの罠 カエル踊り 襟裳岬

ガマ・火の

神・言葉

人間とたぬき

の関係

「月経」 「命名」

イシの狩猟

(1)

イシの狩猟

(2)

イシの狩猟

(3)

自然から教え

られたこと

イシと「日本

人」

イシと「弓」

空のはた織り

「パパラギ」

(2)

幻覚としての

「宝」

ヤナ語と日本

無意識の織物
朝の儀式 カムイユカラ 味覚で考える あやとり

チーフとマニ

ュアル

「ギリヤーク

人」のこと

男ホーガン・

女ホーガン

「あやとり」

の話(1)

「あやとり」

の話(2)

「あやとり」

の話(3)

アイヌの宝物

アイヌの言葉

の特徴

「あやとり」

の話(4)

誕生日

オレのばあち

ゃん(1)

オレのばあち

ゃん(2)

言葉としての

「家」

アフリカ的と

いうこと(1)

アフリカ的と

いうこと(2)

アフリカ的と

いうこと(3)

アフリカ的と

いうこと(4)

アフリカ的と

いうこと(5)

アフリカ的と

いうこと(6)

アフリカ的と

いうこと(7)

アフリカ的と

いうこと(8)

アフリカ的と

いうこと(9)

アフリカ的と

いうこと

(10)

アフリカ的と

いうこと

(11)

アフリカ的と

いうこと

(12)

アフリカ的と

いうこと

(13)

天・獣・人間

「火の起源」

をめぐって

「人はそれぞ

れの歌を持つ

「うちあたい

アガリ・イリ

・フェー・ニ

「たなばた・

旧盆」

「アコークロ

ー」

「あいじゃ」

「イシグワー・

けーし風」

「模合(もあ

い)」

グスクとアイ

ヌ語地名

「にふぇーで

ーびる」

「因幡の白

兎」

アイヌ人の心

始まりの

「朝」

われらが祖先

の聖なる歌

アイヌとイン

ディアンの心

心霊能力

アイヌ語と日

本語

「浜下り」の

行事について

「自然・身

体・霊魂」

「アボリジニ

」について(1)

「地名」の段

階について

「アボリジニ

」について

(2)

「らむ」をめぐ

る話

アイヌの死生

「ポロ」「ポ

ン」「ポノ」

「コロ」につ

いて

「らむ」につ

いて

「盆踊り」につ

いて

「河童」の話

「河童」の話

(続)

カラスとカモ

イヌイットの

おばあさん

「アイパナナ」

星野道夫の<

アラスカ>

「心の話題」

ふたつ

「収穫祭」

「たなばたつ

女」

獣たちに神を見

言葉は思考か

ら生まれる

創造する場所

世界にたった

ひとつの火

「酋長」と

「国家」

ちはやぶる・し

らぬい・さねさ

「マラプト」

「パカリ」とい

うこと

「月経」という

こと

「神々」の場所

と地名

偉大な自然観察

「アイヌ勘定」

「木に帯をす

る」

「川を大事にす

る」

久高島とイザイ

ホーの儀式

(1)

久高島とイザイ

ホーの儀式

(2)

「ウヤーン」 「木」の起源

「グスク」につ

いて(1)

「グスク」につ

いて(2)

「憑き神」と能

力主義

アイルランドの

昔話

西洋の自然・ア

イヌの自然

自殺する「木」

まじない師とバ

ッファロー

手まりをもった

アイヌの死・西

洋の死

「死ぬのにもっ

てこいの日」

「マテ茶の木の

精」

「物語」という

こと。

日本人と動物

ギブ・アウェイ

「物語」という

こと(続)

宮沢賢治の

「死」

ボブ・ユールの

話(1)

ボブ・ユールの

話(2)

「水蛭子」につ

いて

「サテライト・

ムース」

「老人・子供・

障害」

「ケルト人の民

話」

「ベルダーシ

ュ」

「ラコタ族の神

話」

「ラコタ族の神

話」(続)

「寄宿学校の教

育」

「メンタル・テ

レパシー

(1)

「メンタル・テ

レパシー」

(2)

「コンサート」

の初源

「動物から学

ぶ」

人はみんなユニ

ーク

「贈り物」の定

アボリジニとピ

グミーの直観力

「沈黙とはなに

か?」

インディアンの

メンタル・テレ

パシー

<世界>という

意味

「壇の浦」と

「南風泊」

「誕生日」と

は何か。

言葉としての

「治癒」

「自然の声を聞

く」

<音>と<線>

とを巡る註

美味しいスイカ

の音

尺八と毛筆
勝負の起源

「織豊期」の女

性像

「しじま遊び」 最後の語りべ 「軒遊び」

「未開人の能

力」

「水木しげるの

偉業」

スエデンボルグ

(1)

スエデンボルグ

(2)

スエデンボルグ

(3)

「軒遊び・外遊

び」

スエデンボルグ

(4)

スエデンボルグ

(5)

「イニシャルド

リーム」

「プエブロ族」

の死

スエデンボルグ

(6)

イニシャルドリ

ーム(続)

「うぶすな」と

「うぶめ」

「南総里見八犬

伝」

ニュアンスとし

ての言語

日本における

「アジア的」と

いうこと

「神用語」と

「超人間」

「耳切り坊主」

「命のまたけむ

人」

「宜母愛子」
「江原啓之」

「湯灌」につい

「ギブ・アウェ

イ」

「花の下にて春

…」

カジカ眼とシメ

ジ眼

「両性具有」と

いうこと

近代文明と物語

の価値

「甲骨文字」と

ディスレクシア

「羊の解体」

(1)

「羊の解体」

(2)

松下幸之助の

「物」という思

ナバホの暮らし

を守る

兎を食べる 水の神の話し

「ラコタの食

事」

マタギとアイヌ

の風習

ヘビとチャラン

山ことば・里こ

とば

クナ族の「出産

と宇宙」

封印されたグリ

ム童話

砂時計型形象 鳥と日本人 山の生活 料理人カマンテ 貧民窟と乞食
「木の枝」の話

アイヌ語と日本

語(1)

「物語を聴く」

ということ

少年キトシの死

雨みたいに言葉

を…

畑とスズメ

コハナ・フチの

臨死体験

縄文時代人の造

縄文時代人の造

形・続

鳥と人と牛
理想の治安 月の暦・月の祭

結界としての

「線」

キツネのチャラ

ンケ

ヨバナシ(夜這

い)

あかりと風景 雪の言葉 墓参りと水 「島いとこ」

「一番大事なも

の」

奄美の生活

イチゴ事件とア

カリス

木と話す少女

祖母から教わっ

たこと

折口信夫の「言

葉という思想」

ウィノナの死

比嘉康雄の死生

「害虫」の浄土

「毛遊(もうあ

し)び」

概念世界として

の言語

森の言葉

高村光雲の「記

憶力」

「青海島」とい

う地名

みちのくは唄の

世界

失われてゆく豊

かさ

菅江真澄の見た

世界

動物たちの歌 犬のほめ方

アイヌと犬の関

アイヌとカラス

の関係

言葉・自然・自

切腹・死・マサ

イ族

クマと相撲

知恵おくれの娘

の真実

江戸時代の訴訟

「鉄と牛」

領主とアフリカ

「お百姓さん」

最後の「雨乞

い」

トイレの神様・

箒の神様

日本人と川

陰陽石・縄文・

神話

レヴィ=ストロ

ースと日本

「禁色」につい

「煙草をすう

男」

羽子板と浮世絵

縄文時代人の生

「別火信仰」 「土偶」

「貧しいけれど

悲惨ではない」

「癒される文明

「人情の生きる

社会」

「カラスの葬

式」

「カラスの美

談」

スンギールの少

年と少女

「シラ」と「モ

ガリ」について

「神無月」につ

いて

「ウブスナの

神」

「ミミラク」と

いう地名

北山修の「共視

論」

「ネズミ」の話

シュクとハマオ

「賢者の贈り

物」

「訓読み」の成

白川静の「孔

子」像

トラック諸島の

「よばい棒」

金澤翔子の心性

タチバナと常世

コランポー河の

ほとり

鉄と光合成
厚東川のシジミ 弓術と心

黄砂とジェット

気流

縄文時代と障害

稜線とマタギ

「奥の細道」ウ

ォーキング

未開人と影

アボリジニ・感

覚・自閉症

「ルンゴム」と

いう走法

「ホカス」と

「ナオス」

「御先祖にな

る」

「米と水」 卑弥呼の死 出雲大社の神々

「和語」の成立

過程

「三筆」から

「三蹟」へ

「拍手喝采」の

思想

内側で感じる自

「内なる原始

人」と自閉症

水木しげると原

住民

アイヌとイノシ

大江健三郎と祖

縄文・アイヌ・

アフリカ的

「驚きの清水」 「青人草」

「笑い講」の起

象形文字として

の「漢字」

「叙景歌」とい

うもの

ピー・トング・

ルアング族

いたわりの感情
「仇討ち療法」 「モトスガリ」

台風と子どもた

海の音の怪 オオカミの代表

薬草を採りにゆ

トーテムポール

常世国から高天

原へ

大陸移動の原動

線の起源

「山伏」の起源

スタンディン

グ・ベアの訴え

ハンターはどこ

に消えたのか

「王様の耳はロ

バの耳」

アイヌの川と

神々

九州西岸のアイ

ヌ語地名

ジャングルの掟

日本語の成立過

木の花の咲くや

姫と石長姫

「日本の土偶」

「縄文人の生命

観」

「ユングの生命

観」

ヘーゲルの

「海」と「山」

アイヌとサケ・

マス漁

「北海道」の命

「伊福部昭」の

思想

「二人の創造

主」

「生き方の芯に

あるもの」

エスキモーの

「雪の言葉」

「兎少年」

『古事記』の中

の「アフリカ

的」要素

「沈黙交易」の

起源

「平等意識」の

起源

「ヤマタノオロ

チ」

人間の心・動物

の心

人類は何をして

いたのか

唯物論と内在史

「日本」と言う

国名

縄文人の身体と

ネアンデルター

ル人とサピエン

「水呑百姓」 「上関」

初期人類と「好

奇心」

「風葬」の思想

「あえのこと」

の神事

「浜下り」

「一心太助と江

戸」

「天狗にさらわ

れた少年」

「影の消長」

縄文人と「うる

し」

「うるし」の起

「相互扶助」の

起源

「幻のスンダラ

ンド」

「土偶の修理」

汎東北アジ

ア人

漢字と仮名

文字

ネアンデルター

ル人のゲノム

「山内」「五十

嵐」という地名

「ヤミ族」

狩猟採集民と統

合失調症

ハングル誕生 農業革命 ハンムラビ法典

ユヴァルの歴史

年表

「なぜ働くの

か」

「大君は神にし

ませば」

「水に流す」と

いう思想

「遊びをせんと

や生まれけむ」

「うた」のこと

「感覚で考える

農夫」の典型的

な例

オクサプミン族

の計数

「虚構」の発明

「月」と

「土偶」

「ワキが甘い」 「竪穴住居」

「ツンドラはパ

ーフェクト」

ユングとインデ

ィアン

縄文人と自閉症

の「色」

コギ族の葬儀

マタギと「世界

遺産」

「タレ婆ちゃん

の話」

「タレ婆ちゃん

の話(続)

初源の声・初源

の<線>

濃密な世界 アイヌの世界観

アイヌの世界

観・続

縄文から弥生へ

の移行

荘子と荀子 山の神の熊隠し 木々がざわめく

死者と入墨

new

もどる