「動物と感情」について


象の「死」の

概念」

ドーキンス

「犬であるこ

と」

「退屈」とい

うこと

コンパニオン

ドッグ

動物・乳児・

痛み

嗅覚と感情 コヨーテの愛 「犬の夢」 親鳥アーサー
ドリー 「友情」

「恐怖」の感

情について

「きょうだい

関係」

「帰巣本能」

オオカミとカ

ラス

「オスカー」

ダーウィンの

考え

「恐れの行

動」

サーシャの

「行動」

すばらしい夕

焼け

「聴導犬」の

行動

「障害」とは

何か。

おとなしい動

物たち

ミッキー・マ

ウス

「人命救助

犬」

「赤ちゃん」

について

豚の脳・人間

の脳

「擬人主義」

「クマ」につ

いて

動物は「期待

」するか

「二項対立」

を超えて

アレックスの

行動

アレックスの

訓練

ワタリガラス

とアレックス

アレックスの

会話

鳥の脳・人間

の脳(1)

鳥の脳・人間

の脳(2)

「遊びの挨

拶」

「カエリタ

イ」

動物の話(1) 動物の話(2) 動物の話(3) 動物の話(4) 動物の話(5)
動物の話(6)

「死」への認

「量感」の概

ドナルドとモ

ーラ

伝説・動物・

人間

ドナルドのコミ

ュニケーショ

視覚で考えるド

ナルド

クジラの「余暇

社会」

シャチのシャム

「訓練」と「事

故」

「ごほうび」か

「信頼関係」か

「ドナルド」の

ペニス

チンパンジーと

「戦争」

ドナルドの「直

観」

「死を悼むゴリ

ラ」

人間・動物・自

閉症

動物ではなく人

「チーター」

「オウエンとム

ゼイ」

「救助猫」の話

チンパンジーの

認知能力

クマと生態系

クラウンのテレ

パシー

溺れるイルカ

動物・調教・自

閉症

オウムの「環境

を整える」

クラウンの出産

スカーレットの

奇跡

馬は天候を知っ

ている。

猫の「帰巣本

能」

猫の「災害予

知」

<治癒>として

の猫

猫の社交性

猫はなぜひとり

で死ぬのか

猫嫌いの人に近

づく

脚に体をこすり

つける

アニマル・コミ

ュニケーター

カラスの知恵

カラスの貯食行

カラス対策
カラスと火

「共進化」とし

ての犬

レヴィナスと犬

「かわりばん

こ」

ハナのリハビリ

能力

オオカミの遠吠

発作警告犬 働く犬たち

犬たちの「平

和」

「巣穴を掘る」
クマの叡智

「イチゴ落と

し」

ローレンツの叡

ワタリガラスの

「ロア」

「褒美・罰・体

罰」

「カラスの求

愛」

「信じられない

ようなこと」

ヘンゼルの「告

白」

デューイとクリ

スタル

デューイの行動

(1)

デューイの行動

(2)

動物と人間の連

続性

犬と自閉症

犬の能力・人間

の能力

植物のメッセー

「飼育」の初源 「すわれ!」

「におい」の初

雌牛・排卵・共

感覚

雀の「感覚で考

える」行動

「期待と予感」

「地図を描く」

能力

「看病する犬

「子牛を隠す母

牛」

「想像妊娠をす

る豚」

「太平洋を渡る

犬」

アボリジニと犬 猫とクリスマス 乗馬と障害者

インコの話し

(1)

インコの話し

(2)

不良少年と子犬 「聴導犬」

「子羊・子豚・

胎児」

タズィーとリコ

の能力

ヨーヨーとピー

ナッツ

ベリャーエフの

実験

チェイサー 行動主義の終焉 失意の死
介護するゾウ

オオカミの遠吠

クマの知恵・シ

カの知恵

ビルとベン

「進化の連続

性」

「擬人化」と情

「犬」から見た

世界

「脳」の縮小化 思いやりの行動

アニマルコミュ

ニケーター

脳の連続性

人間は特別な存

在なのか?

ビンゴの跳躍 ガン探知犬

リハビリとセラ

ピードッグ

「情動のゲー

ト」

オオカミと少年 「人命救助猫」

「オオカミ少年

は可能か」

犬と「数の能

力」

オオカミのコミ

ュニケーション

サムのテレパシ

オオカミと孤児

犬のイメージの

伝わり方

ベイリーがいる

から

ドクター・イル

イルカと道具

リザとアルフォ

ンス

ヤギの母娘の再

ニワトリの能力
「チャド」

シャーナのトン

ネル

電話を持ってく

る犬

がんを発見する

鳥類の脳・哺乳

類の脳

猫の視覚・自閉

症の視覚

カラスの文化

危険を察知する

猫を救う犬 聴覚障害の猫

トプシー 猫の魅力 ニワトリの知能 パートナーの死

カラスの論理的

思考

視線の起源

象の言葉・イル

カの言葉

テンプル・雌

牛・スキナー

流産を感知する

ビリー

アラート犬

「擬人化」と科

チーターの嘆き

最古のパートナ

テレパシー猫 死にゆく猫

ダチョウの卵と

視覚

ハイエナとシマ

ウマ

最古のネコ ネコの不思議さ 帰家能力

愛着とオキシト

シン

人間・オオカ

ミ・自閉症

ブレニンの死

子オオカミと障

害児

人間世界への適

「狼に育てられ

た子」

「狼に命を救わ

れる」

猫の共感能力 貯蔵場所の記憶

イエローストー

ン国立公園のオ

オカミ

文明の敵 「喪に服す」

「行動主義」と

コミュニケーシ

ョン

「感覚で考え

る」動物たち

「他者のために

生きる」

赤ん坊に注射 共感と感情移入

「ミツバチ」の

叡智

「粘菌」につい

世界一賢い鳥

「心の理論」の

起源

ローラの協力

ニューロンを数

える

ボブと箱

アユムと「直観

像記憶」

扶養するコウモ

ハシボソガラス

の視覚

タコの叡智 ハトの叡智

「一万二千年

前」

「チンピタの能

力」

「リサラの荷物

「オペラント条

件付け」の誤り

「オペラント条

件付け」の誤り

(続)

「クマの執念」
「犬の協力」

「ゴリラとチン

パンジー」

「歩くチンパン

ジー」

「イエスズメの

救出」

「馬と沈黙の言

葉」

「とめ足」new

もどる